製品紹介:電子部品

電子部品の性能評価 • 品質検査における電気計測

電気回路は、電子部品が想定通りのパフォーマンスを発揮することで、正確に動きます。
計測によって使用する電子部品の性能を正確に把握すると、信頼性の高い回路が設計できます。

電子部品の性能を把握する

電子部品の性能は、周波数の影響を大きく受けます。実使用時の周波数で電子部品の性能を確認します。
 

電子部品の性能変化を把握する

電子部品の性能は、周波数の影響を大きく受けます。周波数の変化とともに、電子部品の性能がどのように変化するか確認します。

コンデンサを測定する

コンデンサは、回路上で電気を蓄え、放出します。この電気を蓄える力を静電容量と呼びます。さまざまな種類のコンデンサがあり、用途に適した選定が必要です。

LCRメーター

特定の周波数で電子部品の特性を確認できます。

インピーダンスアナライザー

周波数や信号の大きさを変化させ、電子部品の特性を確認できます。

Cメーター

コンデンサの静電容量を測定できます。

抵抗器を測定する

抵抗器は、回路上に流れる電気の量を調節したり、電流量の検出に使用されます。正確な抵抗値を把握し、回路に組み込むと、精度の高い調節や検出ができます。

DCバイアス特性を確認する

コイルに直流電流が流れると、インダクタンスが変化する事があります。これをDCバイアス特性といいます。
 

耐久性を試験する

電子部品に一定以上の電圧がかかると、電子部品が破損し、機器が故障します。設計回路に対して適切な耐久性があるか確認します。

抵抗計
 

抵抗を高精度に測定できます。

DCバイアス電流ユニット
LCRメーター

外部電源から直流電流を測定信号に重畳し、測定します。

超絶縁計
自動絶縁耐圧試験器

電圧を徐々に上げながら電子部品に印加し、耐久性を確認できます。